消費者金融やクレジットカードなど、今は借金を簡単にできる環境があるので、どのような人でもすぐに借金ができてしまいます。

借金がかさんでくると、返済が苦しくなって生活が圧迫されるので、早めに返済してしまいたいものですが、借金はどのようにすると返済しやすいのでしょうか?

また、工夫をしても借金返済ができなくなってしまった場合、どのような対処をすれば良いのかも是非とも知っておきましょう。

それでは、借金返済のコツと、返済できなくなった場合の対処方法について解説します。

借金返済の基本!借金返済計画を立てる


借金返済が苦しいと感じている人は、自分でもどこからどれくらいの借入をしているのかがわかっていないことが多いです。
また、月々どこにどれだけの返済をしているのかもわからず、とりあえず返済日が来たから別の借入先からお金を借りて、その日の入金をする、という自転車操業を繰り返している人もいます。

このように、自分の借金の状況もわからないまま自転車操業で借金返済をしていても、借金が減ることは期待できません。

そこで、借金を効果的に減らしたいなら、まずは自分の借金の状況を把握するところから始めるべきです。そして、計画を立てて借金返済を進めていきましょう。

借金の状況を把握するためには、まずは債権者の一覧表を作ってみることです。どこの会社からどれだけの借入があり、毎月いくら返済しているのか、うち利息支払い分街区らになっているのかなどを書き入れて、表にしましょう。すると、今借金総額がどのくらいあって、月々いくらのお金が返済に回っているのかが分かります。

その上で、家計簿をつけて自分の家庭での家計の収支表を作りましょう。「家計簿なんかつけても、それによって生活が変わるわけではないのだから意味が無い」と思うかもしれませんが、実際に作ってみるといろいろなことが分かって借金返済の工夫ができることも多いです。

家計収支表を作成するときには、家計簿をもとにして、毎月どれくらいの収入があって、どのような支出がどれだけあるのかを表にまとめます。

家計主指標の収入欄には、手取りの給料(自分と家族の分)、年金収入、不動産賃貸収入など、毎月入ってくる金額を書きます。支出欄には、家賃や住宅ローン、水道光熱費や通信費、交通費、保険料、食費や子どもの学校代などを記入して、それぞれ金額を出します。

このようにして、収入金額から支出金額を引いたあまりの金額が、正味の借金返済に充てられる金額だということになります。その金額から、今ある借金を確実に返済出来るように借金返済計画を立てます。

たとえば、今100万円の借金があって、月々の余剰金が40000円あるなら、その40000円を借金返済に充てて確実に3年で借金返済をする、などの計画が考えられます。

このように、きちんと計画を立てていたら無用な借り増しはしませんし、日々の生活でも自然と節約ができるようになるので、効果的に借金返済することができます。

収入と支出のバランスを工夫する方法

借金返済計画を立てるだけではなくより効果的に借金を返済する方法があります。
以下で、その方法を具体的に見てみましょう。

まずは節約して支出を減らす


まずは節約をして支出を減らすことが考えられます。

借金返済計画を立てるとき、家計収支表を作成していますが、これを見ると自分たちの家庭でどのような無駄遣いをしているかが明らかになります。

たとえば、通信費用が高額になっている場合、家族全員がスマホを持つのをやめて、使うスマホも格安スマホに変えることによって数千円が節約できることがあります。

毎月の生命保険料が高すぎる場合、解約をして掛け捨てタイプのものに替えることにより、毎月の余剰金が増えます。

「車があるけれどもあまり乗っていない」という場合には、思い切って車を処分してしまったら、年間20万円くらいの節約をすることができることも多いです。

外食費や交際費が高い場合には、それを抑えることも可能です。

このように、節約によって余剰金を増やすことができたら、それを借金返済に充てることができるので、より早く借金を減らして完済することができます。

転職、副業して収入を増やす


次に考えられる借金返済のコツは、収入を増やす方法です。

たとえば、今の職場で「仕事は楽だけれども給料が少ない」という場合には、転職によって給料を増やすことが考えられます。
ただ、転職をする場合、必ずしも前職より給料が上がるとは限りませんし、転職のタイミングに失敗して無職期間が発生してしまうと、その間の収入が途絶えて借金返済がより苦しくなってしまうおそれがあるので注意が必要です。

転職するなら無職期間が発生しないようにして、なおかつ今より良い条件の勤務先を見つけるように活動することがポイントです。

次に、副業をする方法もあります。

日本では、副業を禁止する企業が多かったのですが、近年中小企業を中心にして、副業を解禁する企業が増えています。そこで、このような企業に就職している場合には、サラリーマンでも堂々と副業することができます。

たとえば、仕事が終わった後や休日にアルバイトに出ることもできますし、インターネットオークションやアフィリエイト、クラウドソーシングなどのネットを使った副業も最近は人気になっています。さらに、配偶者が専業主婦の場合などには、余裕があるならパートに出てもらうなどして、月々数万円の家計収入を増やすこともできます。

このようにして増えた収入を返済に充てると、効果的に借金返済ができるようになります。

借金の形を変える方法

借金返済のコツとしては、借金の形自体を変える方法があります。具体的に見てみましょう。

おまとめローン、借り換えローンを利用する


今ある借金の形に問題がある場合には、おまとめローンや借り換えローンによって借金の形自体を返済しやすいものに替えてしまうのも1つの方法です。

消費者金融やクレジットカードなどの借金がある人は、たくさんの借入先があることによって自転車操業状態となり、借金の管理ができなくなっている人が多いです。自分で借金返済計画を立てようとしても、もはや何から手をつけて良いかわからない、ということもあるでしょう。

こんなときには、おまとめローンや借り換えローンが役立つことがあります。

借り換えローンも同じようなことですが、以前の借入先よりも返済条件の良い借入先に借り換えることを借り換えローンと呼ぶこともあります。

おまとめローンを利用すると、借金が1本化されて、自分の現在の借金額や月々の返済額、将来の返済計画などを把握しやすくなります。また、以前の借入先の利率が高かったケースでは、おまとめローンの利用によって利率が低くなることもあります。さらに、借金の総返済期間が延びるため、月々の借金額が減って、返済が楽になることが多いです。

ただ、おまとめローンにはデメリットもあります。

おまとめローンも借金の1種なので、それなりに高い利息がかかります。おまとめローンにしてもあまり返済が楽にならなかったということもあります。

また、おまとめローンの借入限度額が高く設定される場合、おまとめローン利用後に借り増しをしてしまい、借金が増えてしまうこともあります。

さらに、おまとめローンを利用する際に以前の借入先にはすべて完済しますが、そうなると以前の借入先から借金の勧誘が来るようになります。

そこで、ふとしたきっかけで以前の借入先にも手を出してしまい、気づけばおまとめローンと以前の借入先で限度額いっぱいにまで借金をして、借金が倍増してしまうこともあります。

このように、おまとめローン利用の際には、使い方に十分注意しないと大きな不利益を受けるおそれがあるので、注意が必要です。

親などに肩代わりをお願いする


借金の形を変えて借金返済する方法としては、親などに肩代わりしてもらう方法があります。

これは、もはや自分では返済が難しくなった場合の対処方法です。

借金問題を抱えている場合、なるべくなら人に迷惑をかけたくないものですが、親に連帯保証人になってもらっていたり、担保を入れてもらっていたりする場合などには、自分が借金返済出来ないと、結局は親に迷惑をかけてしまうことになります。

また、そのような問題がなくても、子どもが借金に追われて苦しんでいるなら、親は助けてあげたいと思うものです。

もちろん、自分の借金は自力で返済すべきですが、個々の事情によっては親などにお願いしたり、相談したりして、肩代わりをしてもらうのも1つの方法です。

肩代わりしてもらう場合、必ずしも借金全額である必要はなく、借金の一部を出してもらうなどの方法でもかまいません。一部でも減らすことができたら、その分月々の返済も楽になるので、後は自分で返済を継続していくことなども可能です。

どうしても返済出来なくなったら債務整理する!


以上のように、借金返済を効果的にすすめるためにはいくつかのコツがありますが、どのような工夫をしてもやはり返済が難しいケースがあります。

このような場合には、債務整理によって解決することをおすすめします。

債務整理とは、法的な方法で借金を整理する手続きのことです。

債務整理をすると、毎月支払っている利息の支払いが不要になりますし、借金の総額を大きく減らしてもらったり、借金をなくしてもらったりすることなどが可能です。

また、過去に利息制限法という法律に定められた利率よりも高い利率で利息を支払っていた場合には、過払い金と言って、払いすぎた利息を取りもどすことができるケースもあります。

債務整理には、いくつかの種類があります。具体的には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産、それと過払い金請求ですが、これらにはそれぞれ特徴があり、人によって向き不向きがあります。

ただ、どのような人でも、どれかの債務整理手続きをしたら、借金問題を解決することができます。

借金がどれだけ多額でも無職無収入で一切の返済ができない場合でも、自己破産をすれば借金を0にしてもらうことができますし、住宅ローンがあっても個人再生をすれば家を守りながら、他の借金だけを減らしてもらうこともできます。

任意整理では、消費者金融などの借入先と交渉をして利息支払いをカットして、月々の返済額を大きく減らしてもらうことなどができます。

このように借金問題解決に非常に効果的な債務整理ですが、自分一人で進めるのは難しいので、弁護士に依頼することをおすすめします。

自分で債権者と交渉をしても、うまく言いくるめられてしまうので有利な条件では合意出来ませんし、個人再生や破産などの裁判所の手続きもスムーズに進められないからです。

弁護士に依頼すると、消費者金融などと上手に交渉をして有利な条件で和解してくれますし、過払い金が発生していたときにもより多くのお金を回収してもらうことができます。もちろん裁判所の手続きもスムーズです。

多くの弁護士事務所が借金の無料相談を行っているので、相談費用の心配をする必要もありません。今、借金問題で苦しんでいる場合には、これ以上無理をして返済を続けるのではなく、一度、弁護士に債務整理を相談してみることをおすすめします。

【債務整理の無料相談】おすすめランキング

  1. おしなり法律事務所(匿名無料相談)

    債務整理の無料相談を利用してみたいと思っていても、いざ申込画面で自分の個人情報を入力するとなると勇気がいりますよね。そんな繊細な方にオススメしたいのが、債務整理の匿名無料相談ができるおしなり法律事務所です。相談申込時にあなたの連絡先として「メールアドレス」と「電話番号」は必要ですが、「お名前」についてはニックネームでも受付してもらるのがポイントです。匿名なので少し気が楽になりませんか?借金問題で悩んでいる方は、ちょっとだけ勇気を出して相談してみましょう。

    → おしなり法律事務所について詳しく調べてみました

  2. 新大阪法務司法書士事務所(債務Lady)

    借金問題でお悩みの女性にオススメなのが【女性のための借金相談窓口】新大阪法務司法書士事務所(債務Lady)です。もちろん債務整理のご相談は無料!またココは女性スタッフが対応してくれるので、とても安心ですよね。

    → 新大阪法務司法書士事務所(債務Lady)について詳しく調べてみました

  3. 弁護士法人サルート(WEB相談申込)

    急を要する借金問題の相談なら弁護士法人サルートがおすすめです。相談無料、至急対応可能、安心の経験と実績があります。借金はもうたくさん!やり直しを真剣に考える方にピッタリな相談先です。家族に内緒の借金も秘密にしたまま整理可能です。迷っていないで相談してみましょう!

    → 弁護士法人サルートについて詳しく調べてみました